緑の癒し カザナミの雑記ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS クロ・ド・ヴージョワインのおいしさは、その歴史にあった!!

<<   作成日時 : 2008/01/24 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

[2002] クロ・ド・ヴージョ 特級畑  750ml
(フレデリック・エスモナン)
赤【コク辛口】

香りが豊かで、口の中であふれるような
味わいがあります。
コクがあって、力強さを感じる反面、しな
やかで、優美な感じがいい!!

酒幅が広く、飲んだあとにいつまでも
陶然とした風味があり、余韻の長い
ワインです。


クロ・ド・ヴージョのクロとは、石垣のことです。

1113年、シトー派をつくった12人の修道士
たちは、純白の法衣に身を包み、北へ向かった。
そして、コート・ドール地区のヴージョ川のほとり、
ヴージョ村に修道院をつくったのである。

このシトー派というのは、ワインで莫大な利益を
得て、おごりと腐敗が蔓延していた、ベネディクト派
の教徒たちに、別れを告げた者たちであった。

シトー派の修道士たちは、僧院所有のぶどう畑を、
他と区分するため、クロと呼ばれる石垣で囲んだ。

ブルゴーニュ地方で、ぶどう畑を「クリマ」、格付け
された畑をグラン・クリュ(特級畑)というように、
「クリュ」とは、この「クロ」が由来だそうです。

クロの石は、太陽熱を吸収して、ぶどう畑に、輻射
するので、ぶどうの生育にひじょうによい結果を
もたらした。

クロで囲まれた畑は、名ぶどう園として、すばらしい
ワインを生み出し、ヴージョ村のつくられたワイン、
クロ・ド・ヴージョの名声はフランス中に広がったので
ある。

だが、それは、農耕・生産と布教に励み、その生活ぶ
りは、恐ろしいほど禁欲的で、肉体の限界を超える
ほどの、苦労を積み重ねた、彼らシトー派の、ワイン
づくりがあったからこそ、ワインの品質は向上し、
すばらしいワインとなったのである!!

ぜひ、一度は、飲んでみたいワインです(^・^)


ワインの購入・詳細は写真↓をクリックしてね!!









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クロ・ド・ヴージョワインのおいしさは、その歴史にあった!! 緑の癒し カザナミの雑記ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる